米国射撃訓練

遂に念願のマイガンを所有しました。(友人のお巡りさんに登録して貰い預かって貰っています。)
そこで、お巡りさんの射撃訓練場でバカスカ撃ちまくり連射の訓練を指導して貰いました。
(通常の民間射撃場では連射は違法だそうです)


練習場所は米国某所のファイアーアームズ トレーニング センターです。


このライフル(ブッシュマスターM4)が私の突撃銃です。左がS&W M29 44Mag
右がSIG SAAスタイル44Mag、右端がグロック21 45口径、上がグロック26 9mm
今回はこれくらいで練習です。あとの掃除が大変なので目新しい銃だけです。
(本当は当初コルトM4を買おうと思ったのですが、あまりに悪い評判をさんざん聞かされたので、
ブッシュマスターにしました。)

グロック26 ○イじゃないよ! マガジンの底は引っ掛かり易い
のでこのフラットマガジンが好みだそうです。
これが今回、私のお気に入りとなったグロック21です。

様々なレンジが沢山あるので、いつも貸しきりで練習出来ます。
それにしても、米国の空は青いです。
まずは弾込め。すぐ30発撃ってしまうので結構 弾込めが大変
です。
教官に付いてもらっての肩撃ち。 腰だめ撃ち!気持ちいい〜
悪い姿勢。これでは連射で銃口が上がってしまいます。 これが教わった良い姿勢です。頭から右足先まで一直線で
前かがみにする事で連射時の姿勢が崩れませんでした。

グロックでの射撃。これまで私はオートマチックでCZが最高と
思っていましたが、新しいグロック45口径は連射性に優れ
ビックリしました。また、グロック26はとても小さいのに
撃ち易かったです。今回の射撃でCZ75が既に古くなってしまっ
たと感じました。
44マグナム2丁での練習。リボルバーは6発の少ない装弾数が
あまり現実的ではないと思いますが、やはりデカイ弾は撃つと
キモチイイです。
かあちゃんのヘッピリ射撃。べトコンのスナイパーか? 広大な砂漠の中です。こんな所は日本では望めないでしょう。

気が付くと、すぐ裏に訓練用の建物がありました。 CQB訓練用のキラーハウスでした。
射撃の後はひたすらクリーニングです。これを怠ると大事な銃が
台無しになってしまいます。
結構、分解掃除は楽しいです。30年位前にモデルガンを掃除し
ていたのが懐かしいです。

今回CZ75はもう古いと感じましたが、既に次のモデルCZ97を
もう、友人が買っていました。次回はこれを撃ってレポートしたい
と思います。
前から見るとカッコイイでしょ!今、米国で話題の45口径です。
ちなみに彼等はナイツのSR16など知らないそうです。
なに?それ、何かの記念モデル?だって!?

目次へ戻る

Top Pageへ戻る

inserted by FC2 system