パラオダイビング


マダラトビエイ 場所:ニュードロップ

パラオに学生時代所属していたダイビングクラブの現役を引率してダイビングしています。
パラオはダイバー憧れの海です。店長は今までに15回近く潜りに行っており、最もお気に入りの
ポイントです。前回デジカメを借りて行ったので店長による撮影でパラオを紹介します。

日程 : 2000年2月29日〜3月12日 (ダイビング22本)
参加メンバー(武蔵工大潜水科学研究会)
OB(店長)
 梅澤 哲也
(引率ツアーコン)
現役4年
 久保田 融
現役3年 会長
 渡辺 大介

ゲスト(本田技研)
 門島 芳雄

ダイビングポイント:ブルーコーナー、ニュードロップ、ぺリュリュ―ウォール
ぺリュリュ−コーナー、ぺリュリュ―エクスプレス、シャークシィティー
ウーロンチャンネル、ジャーマンチャンネル
一日がかりでやっとパラオに着きました。写真のダイブ
ショップは以前から使っていたフィシュ&フィン。
現在はイスラエル夫婦が経営してます。安全面でも
しっかりやっており、ナイトロックス導入や念願の便所
も出来、充実しています。
http://www.fishnfins.com
やっと、ボートに乗り込み、これからスタート!
今回は、元フィシュ&フィンのスタッフのボートを
チャーターしました。(一日US$200)
潜る直前の現役。ドライバーはエティです。 ブルーホールと渡辺。

休憩に寄ったウーロン島。我々のボートと現役会長 渡辺。(はしゃいでいます。)

次のページへGO!

inserted by FC2 system