Navy Seal Personnel


ショーが終わって、しばらくしてから、なにやら強面のウッドランド集団が
現れました。デザート・カラー集団とは凄みがチョット違います!?
装備品もバラバラ、サングラスも最後まで取らない妖しい集団でした。
前を歩く茶髪の隊員はSPEAR VESTを装着しています。
肩のパッド部分が独特な形状をしています。
また左胸にはSEAL隊員がよく装備している
ペース・カウンターがぶら下がっています。

この隊員のSPEAR VESTの胸のパネルの厚みからしても、
脱着可能なフローテーション・パネルが入っているようです。
Lazycatさんが書いている様に彼らは実戦本番部隊なのかも(?)しれませんね。

今回、装備品解説を高知ボンバーズのまっちゃんさんにお願いしました。
赤字の注釈はまっちゃんさんの解説です。(協力有難う御座います。)

本HP掲載の写真、記事の無断転写を禁じます。

以下の画像はクリックすると拡大して見れます。

ブーニーにギリーを装着していますね。
ベストはTLBVですが、今回の画像では多くの
隊員が左側にカラビナを装着しているのが気になりま
すね。カラビナには消音効果なのかODテープが巻か
れています。
M4 R.I.S.仕様ですが、やはりR.I.S.のパネルが無い
部分が気になりますね。
上面のスペースはサイズからしてPAQ-2 Laserの
様ですね。
後ろの隊員もSPEARですね。このSPEARの特徴としては
ポーチ類の全ての露出した部分はナイロン生地で
覆い隠している事があげられます。特殊系に支給する
ベストなので非常に気を使っているようですね。
(前の隊員のベストはTAC-V1の改造か?
過去にBHI製はベルクロやアリスクリップで装着する
特注品が存在してたので
203ポーチ(恐らくBHI製かLBT製)
をアリスクリップで留めているタイプかもしれませんね。
でも確証は無いよ(笑)。)

SPEAR VESTの後ろ側です。もっともベストの特徴
が解る部分です。SP社MOLLE RACKと同じ形状の
背中のパネルにはフローテーション・パネルが
入ります。背中のドラッグハンドル部分の下にファスナー
があって、そこから挿入します。
ハンドルの裁縫も今までのヤワな軍の支給品と比べると
全く丈夫に縫われています。

Butt Packは通常の支給品かSP社のタイプです。
SPEAR 専用では無いので、通常通り装着すると
パックがヘたれるので、パックのテープが背中の
パネルのループに通して、へたれを保持してい
ます。
パック本体はアリスクリップかタイラップでベルトに
固定していると思います。(SPEAR専用のアリスループ
アダプターもあります)

1QTポーチもSPEAR専用です。1QT付属のポーチは
2つあって1つは浄水剤用で、もう1つの大き目の
ポーチにはストロボライトを入れる事が可能です。
閉めるテープはゴム製です。この形はMOLLEシリーズ
も同じ事をしています。

M4のスリングはカスタムでしょうか、個性的で
気になります。H&Kの金具を使っているように見えます。
グローブのカットの仕方がとても参考になると思います。
小指は切らず、薬指は手のひら側のみカットしています。

     (上段右側兵士の背中の画像)

彼の装備はキャメルバックのショルダーベルトを
TAC-V1の背中のアリスループに通して固定している
様です。そういえばTAC-V1の背中にハイドレーション
が入るポケットがあるのですが、皆さん入れてないよ
うに、使い難いんでしょうね。
兵士はラジオをキャメルバックに入れています。
(ストローでは無いです)
しかしキャメルバックのポーチには無線機を入れた
隊員も多く見かけますね。

腰回りのポーチですが、四角いWoodLandの
ポーチはSPEARのGeneral Purpose Large pouch
で、機能的にはメディック・ポーチと同じかと
思われます。
隣のODの200rd Mg pouchはフラップの形状から
してロンドン・ブリッチ社製(LBT)でしょうね。
 (前ページ巻頭に使ったTAC-V1兵士の背中の画像)

まだまだ多くの特殊部隊員がTLBVを使用していますね。
ピストルベルトはPadede Patrol Belt & Pad
を使っているようです。

手で見え難いですが、M4にはTrijiconリフレックス・
サイトが乗っています。

腕時計はスントのベクター・ブラックです。しかしながら、
やはり、Gショックが圧倒的に多かったです。
しかしオーソドックスなスタイルにも、SPEARの1QT
ポーチやLBTのメディック・ポーチと、最新の装備が
随所に見られる事が今回大変な成果でしたね。
(左兵士の背中)

目次へ戻る

Top Pageへ戻る

inserted by FC2 system