Navy Seal Personnel


秘密のベールに包まれたシールズの隊員も今日だけは気軽にポーズを取ってくれます。
写真を撮ってもいい?と聞くとYes! Sure! でこの通り。

今回、装備品解説を高知ボンバーズのまっちゃんさんにお願いしました。
赤字の注釈はまっちゃんさんの解説です。(協力有難う御座います。)

本HP掲載の写真、記事の無断転写を禁じます。

以下の画像はクリックすると拡大して見れます。(ナイフを除き)

TAC-V1はすべてBHI社製のTanカラーです。
現在はこのパッドに部分はすべてベストと同色
になっています。
カラビナ・リングでベストとスリングを固定してますが
彼の場合は左利きなのでしょうか?ボートの
乗員配置でそうしたのかも?
ベストの下にはUDT LIFE PRESERVERを装備して
います。
しかしこの兵士・・内股ポーズは訓練の所為なの
でしょうか?
ポーチもBHI社製の200Mgポーチです。フラップを
開閉する為のツマミが特徴ですね。
フェイスペイントは白と茶をベースにしています。
BDUからブーニーハットまで全て3Cですね。
ブーツもデザート仕様です。
キャメルバックは新製品になったファスナーで開ける
タイプの3Cですね。

同社のTAC-V1にブラウン・スプレーで迷彩塗装
をしています。この隊員のM4Mgには不思議な事に
パラシュートコードやテープでMgを取り出しやすい
仕様にはしていないようですね。実戦用では無い?
後、特徴的なのは胸のポーチのフラップの上に
縫いつけかベルクロで黒色ショットガン・シェル・
ホルダーが付いている所でしょうか。
無線機はMBITRかMSHRのNAVYやUSMCに採用されて
いる形に近いですね。SABERでは無いと思います。
ベストはBHI社製TAC-V1(Tan)に同社のButt Pack
を装備してて、Butt Packは下に垂れ下がらない
様にタイラップでベストのループに固定しています。
これはSEALの装備の随所にみられるやり方ですね。

ドラッガ―酸素循環呼吸器を着け、海中から突然現れた
隊員たち。フィンはAquatic Products
Force Finです。
最近流行りの推進力効率向上を狙った新型形状。
かかとのバンドがベルクロで調整可能、コンバット
ブーツのままで、使用し易い。
沖縄海兵隊もこのフィンを使用していたとの情報も
あります。
(宮下 高行さん フィン情報有難う御座います。)
腰に着けたナイフはBUCK。
グリップとシースの形状から見ると、#650ナイトホーク(日本価格¥12,000)
と思われます。ブレード形状がわかるとビンゴなのですが…。
 ナイトホークのスペックは、ブレード長160・で全長280・、重量270g。
ブレード素材は、同社の他のナイフと同様425ステンレス製です。ずば抜けて高レ
ベルではありませんが、切れ味が持続し研ぎやすいといったところでしょうか。上
刃を付けられるデザインになっています。表面にブラックコーティングが施されて
いるので、無用な反射を抑えられます。
 グリップには、ケブラー繊維を混入したラバー系のザイテル樹脂を採用。表面に
は滑り止めがあり、グリップ性は上々です。
 市販品で、兵士の使用条件に当てはまった作りといえますね。写真で見ると、グ
リップ後部を留めるシースのスナップへテープを貼って、金属の反射を防止してい
るような感じです。なので、別注モノではないようです。
(アウトドア・ライター 鶴田 康男さん談 協力有難う御座います。)

MP5のスリングがパラシュートコードになって
いるのは、水切りも良く、音がしないのが最大の
要因でしょうね。隠密作戦にはお勧めです。
ダイバー達がはいてるブーツは
ジャングルブーツでは無くて通常のコンバットブーツ
何故、みずはけが悪いのをつけてるかは不明。

足首のナイフは極一般的なダイビングナイフ。頭のハンマー
形状部を光らぬ様にガムテープを貼っています。
なんと、このフィンはアポロ(日本製)。憧れたサンダース軍曹の
トンプソンがMGC製だったのを思い出しました。(関係ないか?)
このフィンも推進力効率向上を狙った中割れタイプ。

Next Pageへ

目次へ戻る

Top Pageへ戻る

inserted by FC2 system