コントラクト ナンバーSPOの謎 (2002年6月1日改訂)

米軍の放出品の証しとなるコントラクト ナンバーが、1994年からDLAからSPOに変更となっている。
DLAがディフェンス・ロジステック・エージェンシーで、SPOがスペシャル・パーチャス・オーダーであると当初、軍関係から聞こえてきたのだが、最近になって、SPOのアルファベットOが(オー)でなく、0(ゼロ)である事が判って来た。また、DLAの組織が変更となり、新たな組織SP0が管理しているのではなく、相変わらずDLASP0コントラクト ナンバーを管理している事も判って来た。 (注:System Program Officeとの説もある)

それではいったいSP0とは一体なんなのか?また、何故DLAはコントラクターナンバーの名称を変えたのか?

*インターネットで疑問が解決

ところが、最近になってインターネットサーフィンによりコントラクトリストを掘り当て、一気に氷解となった。実は最初の1年間はSPO(オー)で、その後SP0(ゼロ)に変わっていたのであった。

では、何故そんな面倒な事をしていたか?推測だが、軍縮が叫ばれていたクリントン時代、なんとかして軍事予算を削減しようとした、苦肉の策だと思われる。SPOが意味通りに特別予算だとすれば、DLAで取っていた軍事予算を別枠にしていわゆる予算の飛ばしをしていた様だ。
ただし、1年以上特別予算では監査も通らないと思われ、しかたなしにSP0(ゼロ)と変更してSP0が意味を持たないただの予算記号になってしまったと考えられる。

(1994年9月から1995年9月までがSPOでその後SP0となっている。だたし、納入業者によっては多少、混乱があり、その後もSPOのまま通ってしまっている事もある。また、最近では更に混乱が進みO(オー)0(ゼロ)どちらでも通用している。)

*試作コントラクトナンバー

また、通常のSP0に対して2ndゴアテックスパーカーのDAAKナンバー、最新のインターセプター・ボディアーマーのDAANナンバーや、更にはレンジャーボディアーマーのDAADナンバーも判明した。
DAAKはネィティック陸軍研究開発技術センター予算で、これらは、やはり、噂通りに試作品の予算だった。
(海軍・海兵隊の装備品試作部門は1967年からネィティックに統合されている。)
最近、試作コントラクトは大きく変化しており、時系列に表すと

**97年以前
DAAK ネイティック・ソルジャー・コマンドで、開発された、試作装備
の契約 (97年で終了)
DAAD 陸軍テスト・効果確認司令部 民間企業が開発した新型装備の
トライアル時の契約

**98年
DAAN ネイティック・ソルジャー・コマンドはネイティック・ソルジャー・センター
に改名。SBCCに吸収。コントラクトがDAAKからDAANに変更。DAANはこの一年限り。

**99年以降
DAAD 陸軍テスト・効果確認司令部がロバート・モーリス・アクイジョン・
センターに吸収され、更にアクイジョン・センターの作業範囲が拡大して
ネイティック・ソルジャー・センターのDAAN契約も行い、
試作トライアル契約はDAADのみとなった。

■ロバート・モーリス・アクイジション・センター
(Robert Morris Acquisition Center)
*軍要求スペック相当の性能があると思われる機材を民間から購入して
試験し、耐用証明を出している。予算はDAADで承認される。R&Dに
予算が掛かっていない。また、短期間で新型機材を配備できる。
民間へ金を落とす為の機能も有している。

■U.S.アーミー・マテリアル・コマンド・アクイジション・センター
(AMC Acquisition Center)
*軍要求スペックをクリア出来る機材を独自に開発し、耐用証明を出して
いる。予算は各R&D部局(兵器装備によって個人装備・火砲・化学など
約十二箇所の研究機関に分割されている)によって承認される。
R&Dに予算が掛かっており、開発した機材を実際に配備するまでに
時間が掛かる代わりに、長期間運用可能なものを研究している。もしくは、
民間に代替品を求めることが出来ない機材を研究・開発している。

USZAはSOCOMの予算で陸海空軍を跨いだ特殊部隊作戦統括の予算であった。

   

DPSCはディフェンスパーソナルサポートセンターで、ベトナム戦争時代 試作品に多く見られたがその後は特別サイズや将軍用ジャケットなどの、少量生産の予算となっている様だ。

また、DPSCは1998年1月にSP0のDSCフィアデルフィアに吸収改名され、最近のコントラクトナンバーリストによれば、DPSCの予算はSP0になり、統一されている。


    参考Web Site
http://www.defenselink.mil/ ディフェンスリンク
 http://www.dla.mil/     DLA


コントラクトナンバー詳細
(更に細かいナンバー解説です。)

Top Pageへ戻る

inserted by FC2 system